Tfasでダクト・配管の種類が選択できない時の設定。

Tfas
office building heating system control equipment

Tfasで作図しているときに急に配管・ダクトの用途選択ができなくて困ったことありませんか?

今回は急に用途選択ができなくなった時の設定を説明します。

雪だるま
雪だるま

この記事は次のような人におすすめ
・配管、ダクトの用途選択ができなくなった人
・用途選択がそもそもわからない人

用途選択とは

Tfasにおける配管・ダクトの用途選択とは以下の図のようにルーティングの際に配管・ダクトの用途を選択する機能です。

「用途選択」で直管種・継手種やサイズ・レベルを指定して作図することができます。

用途選択ができない

以下の図のように、この用途選択機能が使えない時があります。

そんな時は次に紹介する設定を確認してください。

用途選択の設定方法

用途選択の設定
  • STEP1
    メニューの「空調」の中から「作図設定」を選択

    メニューの「空調」の中から「作図設定」を選択します。

    すると作図設定のポップアップウインドウが開きますので、

    その中の用途の項目の「作図時に用途を選択する」のチェックボックスにチェックを入れます。

  • STEP2

    用途選択できるようになる

    ルーティングで用途選択できるようになりました。

以上が用途選択の設定になります。

もともと用途選択できるようになってますのでこの設定を知らない人も多いと思います。人の図面を開いたりしたときに用途選択ができなかったりすると焦りますので、ぜひ覚えておいてください。

タイトルとURLをコピーしました