Tfasで3D図形の作図方法

Tfas

Tfasで作図中に

「3Dの図形を作図したい」

「任意の立体図面を配置したい」

といったことで悩んだことありませんか?

今回はTfasで3D図形を作図する方法を紹介します。

雪だるま
雪だるま

この記事は次のような人におすすめ
・Tfasで3D図形を作図したい人
・Tfasで任意の立体図形を配置したい人
・Tfas初心者で図形の配置方法を知りたい人

Tfasにおける3D図形

Tfasで3D図形を作図したい場合、下図のようにメニューバーのツールの中にある「3D形状」の配置で作図している人が多いと思います。

しかしこの方法だと任意の形の3D図形が作図できません。

今回は下記で任意の形の3D図形の作図方法を説明します。

Tfasで任意の形の3D図形の作図方法

任意の3D図形の作図方法
  • STEP1
    スラブ多角形を選択

    メニューバーの「建築」の中の「スラブ・天井」→「スラブ多角形」を選択します。

  • STEP2
    スラブ厚、上端高さを入力

    スラブ厚と上端高さを入力します。ここではスラブ厚が作図したい3D図形の高さ、上端高さがFLになります。

  • STEP3
    任意の3D図形を作図

    任意の3D図形を作図します。

  • STEP4
    3Dで確認

    作図した図形を3Dにしてみるとちゃんと任意の立体図形が作図されています。

以上がTfasで任意の3D図形を作図する方法になります。

3D図形を作図したい場面は多々でてきますので、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました