Tfasでカレントシートに瞬時に切り替える方法。

PC

こんにちは!雪だるまです⛄

Tfasで作図中に

「シート数が多すぎてカレントシートを選択するのが面倒」

「どこのシートに作図したか覚えてない」

「作図するシートをよく間違える」

といったことで困ったことありませんか?

そんな方々の為に今回はカレントシートに瞬時に切り替える方法を紹介します。

雪だるま
雪だるま

この記事は次の人におすすめ!
・カレントシートに瞬時に切替えたい人
・シートが多すぎてどのシートに作図したか忘れてしまった人
・Tfas初心者でカレントシートがなんだかわからない人

作図データがどこのシートにあるかわからなくなった。。

図のように、作図が進んでいくとシート数がだんだん多くなってしまいます。

私もTfas使い始めたばっかりの頃には、以下のように図形情報を確認してシートを選択していました。

カレントシート切替機能

大量のシートの中からカレントシートに切り替える方法は「カレントシート切替」を使えば一発で切り替えることができます。

以下で手順を紹介します。

カレントシート切替手順
  • STEP1
    メニューバーから「ツールバーカスタマイズ」を選択

    カレントシートに一発で切り替えるにはまず、ツールバーカスタマイズからアイコンを表示させます。

  • STEP2
    「カレントシート切替」を検索

    デフォルトで表示されていませんので、ツールバーカスタマイズの中から「カレントシート切替」を表示させます。

  • STEP3
    「カレントシート切替」をツールバーに移動
  • STEP4
    「カレントシート切替」を選択
  • STEP5
    図形を選択

    選択図形のシートをカレントシートに瞬時に切替えることができます。

以上がカレントシート切替の手順になります。

今回はかなり簡易的にシートを作ってみましたが、

実際の業務ではもっと大量で細かな図面になってきますので、この方法を覚えておくとかなりスムーズに仕事が捗ることになると思います。

ぜひ活用してみてください。

タイトルとURLをコピーしました